スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blazersとの出会い

2007年08月04日 12:46

実はバスケ関係のエントリーをこのブログで書くかどうか迷ってました。書き始めると非常にマニアックな方向に走ってしまい、当初の目的から逸脱しそうなので・・・。

ただやっぱりバスケは好きだし、留学のきっかけになったわけですから書くことにしました。(書かないとネタがないというのは内緒)
このカテゴリーの記事は時に留学とはあまり関係なく趣味の世界に走ってしまいそうなので、ついてこれない人は読み飛ばしてください(笑)

タイトルの「Blazers」とはオレゴン最大の都市PortlandにあるNBAチーム「Portland Trail Blazers」のことです。

僕は留学する以前からかなりのBlazersのファンです。
「留学先がオレゴン大だから、にわかファンだろ」という声も聞こえてきそうなので、どれくらい昔からかと言いますと、15年以上前(!)の中学3年生まで遡ります。

当時衛星放送でNBAを見始めて、その年のファイナルまで辿り着いたのがBlazers。(ファイナルではPistonsにやられましたが)
まだ素人に近かった自分にとって、見てておもしろいチームでした。

ちなみに当時のBlazersのスタメン。
PG: Terry Porter
SF: Clyde Drexler
SF: Jerome Kersey
Pf: Buck Williams
C: Kevin Duckworth
うーん、渋い。でも当時はイケイケのRun&Gunスタイルだったように記憶しています。

そこからBulls黄金時代が始まりましたので、ミーハーだった僕も目移りしてました。
しかし1997年2月、その時歴史は動きました。
僕のBlazersファンになった、そして留学するきっかけとなった出来事が起こります。

大学の卒業旅行で友達と「Micheal Jordanの試合を観に行こう!」という話になりました。
旅行先を検討した結果、Chicagoで見るのはチケットが高すぎるので、旅行中にBullsがAwayで戦うPorlandに行こうという話になりました。(それでもチケットは普通の人からすれば有り得ない金額なんですが)

そこで感じた感動は今までも忘れられないものです、たぶん今までの人生の中では一番感動した時間でしょう。
Micheal Jordanのプレイにはもちろん感動しました。でも一番衝撃だったのはスタジアムの雰囲気。

20,000以上のファンが一体となってBlazersのプレイに大声を張り上げて一喜一憂し、史上最高のプレイヤー・Micheal JordanへさえもブーイングするほどBlazersを愛しているという気持ちがビンビンに伝わってきます。
Jordanを観に来た僕も、いつの間にか近くのファンと一緒に叫びながらBlazersを応援し、Jordanがシュートを決めるたびにがっかりしている自分がいました。
この試合が僕が「Portland Trail Blazers」のファンになった瞬間です。
※ちなみに当時のスタメン
PG: Kenny Anderson
SF: J.R. Rider
SF: Cliff Robinson
Pf: Rasheed Wallace
C: Arvydas Sabonis(観た試合は欠場:代わりはChis Dudley)

またPortlandに滞在中、店の人とかと話ししているとBlazersのことを熱く語ってくれ、本当に町全体でBlazersを愛しているんだな~と感じ、Portlandという街自体も大好きになりました。
その証拠に留学前までPortlandがアメリカの中で最多訪問回数の都市です。

と同時にこの環境がすごく羨ましくなり、日本でもこんな雰囲気を味わいたい、もしくは自分で創り出せたらどんなに楽しいことかと思いが強くなった結果、今のSports Business留学という行動につながりました。

もちろん、根本的なスポーツ文化の違いなどで簡単に同じことが日本でできるとは思えませんが(特にPortlandはBlazersが唯一の4大メジャースポーツチームなんで、連続チケット売切記録を持っている程熱狂的で有名です)、今まではどちらかと言うとスポーツを「観る」という姿勢を、「参加する」姿勢になれるような、そして極端に言うと愛情を持てるようなチームを日本で持てる様にできればと思っております。(浦和なんて近いのでしょうか)

こう書くと、「Blazersファンだからオレゴン大学にしたの?」という声も聞こえてきそうですが、そんなことはなく全くの偶然です1%ぐらいはあったかも

ここ数年Blazersは低迷を続けていましたが、今年は10年に1人の逸材といわれるGregg Odenをドラフトでき、去年のRookie of the year、Brandon Royとともに若いチームですが、非常に楽しみなチームになっています。
11月の開幕が今から楽しみです。忙しくてそんなに行けないとは思っていますが、せっかくのチャンスですので何試合かは隙を見て観に行こうと思っています。

・・・すみません、やっぱりマニアックな内容になってしまいました、しかも長い(反省)

もしBlazersの試合を観てみたいと思った方は、お勧めします。
比較的日本からも近いですし、Portlandは治安がよくArenaもダウンタウンのすぐ近くなんで日本人にとっても観戦し易い場所です。
時間があればガイドしますよ。
スポンサーサイト


コメント

  1. まる | URL | -

    すごいです~

    とても興味深く読ませてもらいました。
    そういう明快な動機があったんですね!
    スポーツの盛況が地域の活性化にもつながるとしたら、
    ぜひ将来四国をスポーツの力で活性化させてください!!
    なんて勝手に期待を膨らませてしまいました。

  2. Hisa | URL | -

    >まるさん
    ドン引きされるかと思ってましたが、コメントありがとうございました。
    偉そうなこと書いてますが、結局のところ高校から変わらずバスケバカというのが真相です。成長してないな~(笑)

    高松も新しいバスケチームができて、盛り上がっている?てなことを聞いてます。いつかバスケ&地元に恩返しできるよう頑張ります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blazingduck.blog112.fc2.com/tb.php/19-d059c733
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。