スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比較広告

2009年10月30日 03:10

いつぞやかのエントリーでアメリカの比較広告について書いたことがあったかと思いますが、こちらではライバル会社の実名を出して自社の優位性を誇張する比較広告がTVのCMを中心に頻繁に目にします。

そのなかで、ある意味秀逸、というか「ここまでやるか!」と思わされたCMのご紹介。
それはご存じApple社のMacのCM。比較するのはもちろんMicrosftのWindows搭載のPC。

僕が日本にいたころにもMacのCMでは

「どうも、マックです。」、「こんにちは、パソコンです」

で始まるCMがありました。明らかにWindowsをほのめかしていたものの、その名前までは出していませんでしたよね。

アメリカでも同じ構成のCMが流れています。アメリカでは、

"Hello, I'm a Mac." "Hi I'm a PC."で始まります。

ちなみに”PC”とはこちらではWindows搭載のパソコンを意味します。留学当初、なぜ”PC”がWindowsのことを指すの?MacもPCじゃん?と思いましたが、その理由はいまだはっきりと解明できていないものの”PC=Windows”であることは崩しようのない前提です。
というわけでこの時点で比較広告のできあがり。

さらに最近オンエアされているCMでは、先日リリースされたばかりの「Windows7」を明らかに揶揄する内容になっています。それが面白いというか、なんというか・・・。

とりあえずこちら↓をご覧ください。

Macの最新CM

一応簡単に訳してみると・・・(たぶんおおよそ正しいと思います。ちょっと早口なので細かい部分は自信ないので、間違っていたら指摘してください。)

Mac(以下M)「こんにちは、Macです。」

Windows(以下W)「どうも、Windowsです。Windows7がとうとうリリースされたよ。今回は前回のOSで生じた問題は起きないよ!信じてもらっていいよ!」

M「なんか以前にも聞いたことのあるような気がするね・・・。」

W「そうだっけ?」

(こっから順に過去に遡っていきます)

W「Windows Vistaがとうとうリリースされたよ。今回はWindonws XPで生じた問題は起きないよ!」

W「今回はWindonws MEで生じた問題は起きないよ!」

W「今回はWindonws 98で生じた問題は起きないよ!」

W「今回はWindonws 95で生じた問題は起きないよ!」

W「今回はWindonws 2で生じた問題は起きないよ!信じて!」

(現在に戻って・・・)

W「今回は違うよ。信じて!」

終了


すごい・・・。最初見たときは「ここまでやるか・・・。」と思わされました。
自社の製品についてはラスト1秒をのぞき全く触れず、過去のライバル社の製品名を実名で堂々と羅列して「どうせ今回も問題だらけのもの作ったんでしょ?」というメッセージを伝えることに主眼を置いたCM。

確かにWindows7が出た時、誰しも思ったことを代弁したという意味では非常に上手いやり方なのかも。。。
僕もWindows Vistaには泣かされまくり、留学中にMacを使っている同級生の割合の多さと操作性の良さで何度もMacに買い替えようかと悩んだので、このCMのターゲットど真ん中のような気がします。

しかしここまで露骨にやるかな・・・。絶対に日本では同じ内容の日本語訳バージョンは流れないだろうな。もし日本でもWindows7発売を機にMacが新しいCM流しているのであれば教えてください。

まぁ、エンターテイメントという意味では非常に面白いし、これぞアメリカン・ジョークの真髄といったところでしょうか。

スポンサーサイト

NBAシーズン開幕

2009年10月28日 00:52

NBA新シーズンがとうとう開幕。

ブレイザーズも開幕当日にホームコートで開幕戦を迎えるという記念すべき日。
こんな試合を僕が見逃すわけがありません。

という訳で行ってきました開幕戦@ローズ・ガーデン

対戦相手は昨シーズンのプレイオフで苦杯を舐めさせられたことも記憶に新しいヒューストン・ロケッツ。

プレイオフの時もすごかったのですが、開幕戦の盛り上がりもすごいですね。
待ちに待った、しかもかなり期待できるシーズンの幕開けということでファンの待ちきれない熱気が充満しています。

開幕記念ということで、入場者全員にブレイザーズのキャップと発光する仕組みのペンダントが無料で配られました。

そしてブレイザーズ40周年記念のシーズンということもあり、試合前に40年間を振り返るようなVTRが流れ、選手入場もいつもと違い、12人の登録選手が一人ずつ観客席の通路を降りてきて、観客のハイファイブを受けてきてコートに降り立つという粋な計らい(残念ながら僕のそばではありませんでしたが)。
やっぱり観客の盛り上げ方も一味違いますね。

そんないつもより長い試合前セレモニーも終わって、いよいよティップ・オフ。

vsHou_20091127_1
[NBAシーズン開幕]の続きを読む

ダイエット生活・続報

2009年10月23日 06:52

とりあえず続いているダイエット生活

主観的に見て、ほほ肉とやや腹筋が締まったような。

ただここにきて問題が。

膝を痛めました。(泣)

そういえば高校時代に左膝を痛めて以来の古傷持ちだった。

というかそんな古傷があることすら忘れていた。

膝の関節の骨に問題があるらしく、最初に痛めた時に、「手術しないと治らないよ」と医者に言われたものの、手術することで部活を数か月休まなければいけない状況が嫌で、そのまま放置してたっけ。

いつのまにか痛みも消えて(理由不明)、これまで乗り切ってこれましたが、さすがに高校時代から10+αキロ増えた体重を支えながら毎日ジョギングしてたもんで、さすがに悲鳴をあげてしまった模様。

それでも何とかジョギング続けてきたら、左膝をかばって走ってたためか右膝にも痛みが残るようになり、左膝は可動域が狭くなっているような・・・。

体重減らすために走っているのに、体重減らす前にその体重に耐えられないとは何とも情けない話ですな。

ジョギングの代わりとしてウォーキングも検討しましたが、「ただ歩く」ということにもどかしさを感じてしまうんで保留(息も切れて苦しくなるぐらいじゃないと運動した気分にならないんです)。

水泳がいちばん負担が少なくていいんだけど、ジムに通うお金ももったいないしな・・・。

とりあえずサポーター付けながら悪化しない程度に走ってますが、なんか良い方法ないですかね?

Throw Back Night

2009年10月16日 01:14

「Throw Back」
訳すとすれば「過去を振り返る、思い出す」といったところでしょうか。

別に僕の人生を振り返るわけではありません。そんなドラマティックな人生送っていないので。
なんてことはない、バスケ、とりわけ我らがブレイザーズの話題です。

気が付いてみれば今シーズンの開幕まで2週間となりました。
現在は、プレシーズン・ゲームと言う開幕前の練習試合のようなものが各チームで行われています。

というわけで昨夜、ブレイザーズのプレシーズン・ゲームに行ってまいりました。
ただこの試合はただの試合とは違い、ブレイザーズ設立40周年のシーズンを記念して、表題のような「Throw back Night」といった趣で、過去のブレイザーズの思い出を振り返りましょうといったテーマで行われました。

なにが「Throw back」なのかというと試合会場がいつもの「ローズ・ガーデン」ではなく、1995年までホームコートとして使用していた「メモリアル・コロシアム」で行われたことです。

このメモリアル・コロシアム。ブレイザーズが唯一優勝した年のホームコートであると同時に、90年代前半の強いブレイザーズを支えた場所です。
ちょうどこのころ、NBAを衛星テレビで初めて見始めた僕にとってはあこがれの場所でした。

ブレイザーズが90年、92年とNBAファイナルに進んだ際、他のチームのホームコートと違い、テレビで見ただけでちょっと小さいと分かる会場ですが、他のチーム以上に観客の声がうるさいぐらいに伝わってくるメモリアル・コロシアム。中学生・高校生のバスケ小僧だった僕にとっては「いつか行ってみたい場所」として記憶に刻まれています。

初めてポートランドでブレイザーズの試合を見れたときにはすでに現在のローズ・ガーデンにホームコートを移しており、その願いがかなうことはありませんでした。

なのに、今年になって実現できた夢。

メモリアル・コロシアム

上の写真では少しわかりにくいかもしれませんが、ローズガーデンに比べて5,000人は少ないであろう収容人数。(最前列の席から最上段の最後列の席まで一枚の写真に収まっています。ローズガーデンならどんなに引いて撮ってもそんあアングルは撮れません)

90年代前半のまま、中央からつるされた得点ボードには派手な煽りVTRが流されることもありまぜん。

70年代、80年代さながらに途中まではチアリーダーも登場しない応援スタイル。

たかが開幕前の練習試合。

でもチケットはソールド・アウト。会場は満員で膨れ上がり、20年近く前にテレビで見ていた会場の熱気そのままです。

この熱狂こそポートランド、この歓声こそブレイザーズで・ファンです。


いつものひたすら応援するだけの試合観戦とは、少し違う感動が味わえた一夜でした。

惜しむらくはブレイザーズが負けてしまったこと・・・。
まぁプレシーズンなんで勝敗はそれほど気にしないのですが・・・。
それにしてもスティーブ・ナッシュうまいな~。敵ながら惚れぼれ。

ちなみになぜ相手がサンズだったかというと、メモリアル・コロシアムの最後の試合でも相手がサンズで、このときもチャールズ・バークレーに47得点されて負けているそうです。
歴史は繰り返す・・・なのかな?

ダイエット大作戦

2009年10月13日 02:58

相変わらずの更新頻度ですが、この際気にしないことにしておこう、そうしよう。

で、表題の件。その名の通り現在ダイエット作戦を決行中であります。

きっかけは、夏に一時帰国したときに高校時代の友人からの一言。
その友人曰く、夏に会った際に撮った写真を母親に見せたところ、「太っているといえばこの人!」でおなじみの高校時代の共通の友人よりも太ったわね、とおっしゃられたとか。

なんですと?

そりゃ確かに太ってきたことは実感してましたよ、ええ。2年間の留学生活で培った英語力よりも発達したお腹を見れば我ながら一目瞭然。

でもあいつよりも太ってますか!!

それは一大事です。これまでで一番のモチベーションを与えてくれました。

というわけで新生活が落ち着いてきた約2週間前からダイエット計画を実行しています。

計画内容は

①1日約3kmのジョギング
②1日おきに腕立て・腹筋・背筋の筋トレ(毎日だと投げ出しそうだから)
③夕御飯に炭水化物抜き

これを2週間ほど続けてきましたが、何が一番つらいかと言うとダントツに③。

③は以前会社の先輩がこの方法で痩せたそうなので、取り入れてみましたが、予想以上につらい。

まず夕御飯に手抜き自炊料理の代名詞として貴重なラインナップであったカレー、チャーハン、オムライス、パスタが軒並みNGになります。

ちなみに今晩の夕食のメニューは

・さばの梅煮
・きんぴらごぼう

すごーーーーく白いご飯が欲しくなりました。

ご飯大好き人間として、これまでご飯に合うおかずメニューしか身につけてこなかったことが、こんな形で悪夢をもたらすとは・・・。
何かご飯をはじめ炭水化物と一緒に食べたくならないメニューはないものでしょうか>お料理ベテランの女性の皆さん

ちなみに①②もつらいことはつらいのですが、日々の進歩が実感できるからなんとか続けられています。裏を返せば、日々の進歩を実感できるほど衰えが進んでいたということ。

3km走初日は本当に死にそうになりました。3分の1も走っていないのに、「歩いている早さと変わんないじゃない?」というところまでペースダウンした時は、高校時代バスケ部キャプテンのプライドはズタズタになりました。
同年代の運動不足気味のあなた。一度同じことをしてみてください。過去の栄光は幻だったことが実感できるはずです。30代って怖い・・・。

それでも将来大災害に見舞われた時荒野となった街を自分の体だけで切り進んでいかなきゃいけない場面や、悪の組織から愛する人とともに逃げのびなきゃいけない場面で必ず活きるはずだと信じて頑張れています。(←最近読んだ本の影響受けすぎ)



というわけで、ここで宣言することで本当に痩せなきゃいけない状況に追い込んでみました。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。