スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のホームゲーム

2009年12月17日 21:02

帰国前最後のブレイザーズの試合。対戦相手はフェニックス・サンズ。

ところで今ブレイザーズは大変なことになっています。

怪我人だらけで、1チーム15人選手登録できるところ、9人しかプレイできる選手がいません。
ざっと怪我人をあげてみると・・・。

開幕直前に去年のスタメン・フォーワード、バトュムが肩の手術で2月まで欠場。

ベンチの得点源、トラビス・アウトローが開幕直後にひざの骨折で3月まで欠場。

ルーキーのペンダーグラフ、ミルズも開幕前の怪我で欠場中。

なんといっても僕がシカゴに行っている間に、やっと潜在能力を発揮し始めたばかりのオデンが膝の皿を骨折して今季絶望。

お気に入りのルディ・フェルナンデスまで怪我で3-5週間欠場。

とどめは練習で足りない人数を埋めるべく一緒に練習していたヘッド・コーチのマクミラン(彼は元NBAの名プレイヤー)まで、その練習中にアキレス腱を切ってしまう始末。

お祓いにでも行ったほうがいいじゃないかと思うぐらい、怪我人が続出しています。
そんな状態なんで、最近ブレイザーズはスランプ状態。

対するサンズ。今季は好調でブレイザーズよりも勝率は上です。
今シーズン初めて観た試合もサンズ戦で、その時は惨敗してしまった記憶もあり、正直言って試合前は勝つのは難しいかもしれないと思っていました。僕にとっては帰国前最後の試合なんで、せめて最初から引き離されて、盛り上がりどころもなく惨敗してしまうような試合だけは止めてくれと思っていました。

そんな気持ちを抱えて、いざ試合開始。

vsSuns1
[最後のホームゲーム]の続きを読む
スポンサーサイト

NBAシーズン開幕

2009年10月28日 00:52

NBA新シーズンがとうとう開幕。

ブレイザーズも開幕当日にホームコートで開幕戦を迎えるという記念すべき日。
こんな試合を僕が見逃すわけがありません。

という訳で行ってきました開幕戦@ローズ・ガーデン

対戦相手は昨シーズンのプレイオフで苦杯を舐めさせられたことも記憶に新しいヒューストン・ロケッツ。

プレイオフの時もすごかったのですが、開幕戦の盛り上がりもすごいですね。
待ちに待った、しかもかなり期待できるシーズンの幕開けということでファンの待ちきれない熱気が充満しています。

開幕記念ということで、入場者全員にブレイザーズのキャップと発光する仕組みのペンダントが無料で配られました。

そしてブレイザーズ40周年記念のシーズンということもあり、試合前に40年間を振り返るようなVTRが流れ、選手入場もいつもと違い、12人の登録選手が一人ずつ観客席の通路を降りてきて、観客のハイファイブを受けてきてコートに降り立つという粋な計らい(残念ながら僕のそばではありませんでしたが)。
やっぱり観客の盛り上げ方も一味違いますね。

そんないつもより長い試合前セレモニーも終わって、いよいよティップ・オフ。

vsHou_20091127_1
[NBAシーズン開幕]の続きを読む

Throw Back Night

2009年10月16日 01:14

「Throw Back」
訳すとすれば「過去を振り返る、思い出す」といったところでしょうか。

別に僕の人生を振り返るわけではありません。そんなドラマティックな人生送っていないので。
なんてことはない、バスケ、とりわけ我らがブレイザーズの話題です。

気が付いてみれば今シーズンの開幕まで2週間となりました。
現在は、プレシーズン・ゲームと言う開幕前の練習試合のようなものが各チームで行われています。

というわけで昨夜、ブレイザーズのプレシーズン・ゲームに行ってまいりました。
ただこの試合はただの試合とは違い、ブレイザーズ設立40周年のシーズンを記念して、表題のような「Throw back Night」といった趣で、過去のブレイザーズの思い出を振り返りましょうといったテーマで行われました。

なにが「Throw back」なのかというと試合会場がいつもの「ローズ・ガーデン」ではなく、1995年までホームコートとして使用していた「メモリアル・コロシアム」で行われたことです。

このメモリアル・コロシアム。ブレイザーズが唯一優勝した年のホームコートであると同時に、90年代前半の強いブレイザーズを支えた場所です。
ちょうどこのころ、NBAを衛星テレビで初めて見始めた僕にとってはあこがれの場所でした。

ブレイザーズが90年、92年とNBAファイナルに進んだ際、他のチームのホームコートと違い、テレビで見ただけでちょっと小さいと分かる会場ですが、他のチーム以上に観客の声がうるさいぐらいに伝わってくるメモリアル・コロシアム。中学生・高校生のバスケ小僧だった僕にとっては「いつか行ってみたい場所」として記憶に刻まれています。

初めてポートランドでブレイザーズの試合を見れたときにはすでに現在のローズ・ガーデンにホームコートを移しており、その願いがかなうことはありませんでした。

なのに、今年になって実現できた夢。

メモリアル・コロシアム

上の写真では少しわかりにくいかもしれませんが、ローズガーデンに比べて5,000人は少ないであろう収容人数。(最前列の席から最上段の最後列の席まで一枚の写真に収まっています。ローズガーデンならどんなに引いて撮ってもそんあアングルは撮れません)

90年代前半のまま、中央からつるされた得点ボードには派手な煽りVTRが流されることもありまぜん。

70年代、80年代さながらに途中まではチアリーダーも登場しない応援スタイル。

たかが開幕前の練習試合。

でもチケットはソールド・アウト。会場は満員で膨れ上がり、20年近く前にテレビで見ていた会場の熱気そのままです。

この熱狂こそポートランド、この歓声こそブレイザーズで・ファンです。


いつものひたすら応援するだけの試合観戦とは、少し違う感動が味わえた一夜でした。

惜しむらくはブレイザーズが負けてしまったこと・・・。
まぁプレシーズンなんで勝敗はそれほど気にしないのですが・・・。
それにしてもスティーブ・ナッシュうまいな~。敵ながら惚れぼれ。

ちなみになぜ相手がサンズだったかというと、メモリアル・コロシアムの最後の試合でも相手がサンズで、このときもチャールズ・バークレーに47得点されて負けているそうです。
歴史は繰り返す・・・なのかな?

夢破れる・・・

2009年04月30日 22:30

またまぎらわしいタイトルでごめんなさい(特にMixi方面から来た人)。

本日崖っぷちBlazersのPlayoff第6戦が行われ、残念ながら敗退、今シーズン終了となってしまいました。非常に残念です。

朝から学校に行くと、明らかにブレイザーズのユニフォームやロゴの入った服を着ている人がいつもより多く、みんなの期待が高まっていたことが感じられました。

それだけに残念です。ぜひ勝ち抜いてレイカーズとの試合を観たかった。。。

でも本当に今年はPlayoffに出れれば上出来と思っていたので、失望はしていません。
ブレイザーズ全員が必死に戦ってくれました。

対戦相手のロン・アーティスト(注:1on1のディフェンスに強いことで有名)は試合後のインタビューで
「ブランドン・ロイは今まで対戦した中でもっともタフな選手だった。俺相手に42点取った選手は過去10年間でいない。次はコービー・ブライアントとのマッチアップだけど、彼の方がディフェンスするのが難しい選手だ。彼をはじめブレイザーズの若い選手たちを誇りに思うよ」
と言ってました。

またチャールズ・バークレーをはじめNBA解説者達はそろって
「ブレイザーズの未来は明るい」
と口をそろえています。

僕も本当にそう思います。

できるならオフ・シーズンに入っても今のチームを大きく変えないでほしい。
もちろん、次のレベルに上がるためには補強が必要かもしれないけど、このチームの全選手に愛着がありすぎる。

個人的に補強ポイントと思われる点である、

・インサイドで力負けせず、ゴール下でコンスタントに点が取れる選手は、もちろんグレッグ・オデンに期待しています。
・ロイ以外にドライブインから点をとる、もしくはドライブインでゲームメイクできる選手はベイレスが成長してくれると思っています。

それにこのプレイオフ敗退の経験から学んで各自が成長できれば、来年はレイカーズと優勝争いができると信じています。
そしてもっと強くなったブレイザーズを観るために来シーズンも必ずポートランドに戻ってきます。絶対。それぐらい感動を与えてくれたから。

今シーズンお疲れ様でした。そしてありがとうございます。Portland Trail Blazers

Playoff 1st round Game5 vsHouston

2009年04月29日 02:43

我らがブレイザーズのプレイオフ1回戦の状況。

第1戦:既報通り大敗
第2戦:神様仏様ブランドン・ロイ様の42点の活躍で勝利
第3戦:アウェーで負け
第4戦:これまたアウェーで悔しい惜敗

プレイオフは7回戦で先に4勝した方が勝ち抜け。現在ブレイザーズ1勝3敗。
あと1敗すれば今シーズン終了。

これぞスラムダンクの名言集の中から引用させてもらえれば、まさに

崖っぷち」(by彩子)

そして今日ホームに帰ってきて第5戦。
どんなことしても勝たなければいけない。負けたら終わり。

そんな状況で僕がとる行動はもうお分かりでしょう。

行ってきました本拠地ローズ・ガーデンへ。
我らがブレイザーズを応援するため。崖っぷちから生き残れることを信じて。
2日後にMid-Termがあることもとりあえず忘れて

前回にも増して最高の雰囲気でした。
みんな叫んでます。みんな必死になって応援しています。

僕の隣に座っている2人組は僕の母親より年上と思われるお姉さま2人組でした。
でもそんなお姉さまでもここぞという時には立ち上がって大声張り上げてます。

この雰囲気に包まれて鳥肌が立ちます。泣きそうにもなりました。




正直に言うとあまりにも試合にのめり込み過ぎていたので、誰が良かっただとか勝因は何だとか試合内容について語れる状況にありません。

でも最高の試合でした。言えることはただそれだけです。
この試合を見れただけでこの2年間をオレゴンで過ごした価値があります。

ここに来た理由が同じ場所で観たブレイザーズの試合だったので、この生活のフィナーレ(少し早いけど)がこの試合だということでしょう。

ただまだブレイザーズは崖っぷちに足がかかったままです。
木曜日のアウェーでの試合に勝たなければいけません。
そこで勝てたら土曜日にホームでまた試合があります。
あと2連勝するしかありません。
でも最後まで信じています。勝ってくれると。

試合後に興奮冷めやらぬファンはみんなこう叫んでいます。
「土曜日の第7戦で会おう!」

Playoff 1st Round Game5

前回できなかった隠し撮りした動画のアップロードに再トライ。
ブレイザーズが後半突き放しにかかってたまらずヒューストンがタイムアウトを取った時の会場の様子。短いですし伝わりにくいかもしれませんが、歓声はこの動画で聞こえるより何倍も大きいです。
Playoff 1st Round Game 5

[広告] アクセス解析

ゲームのハイライトはこちらから。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。