スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Summer school 終了

2007年08月31日 15:05

本日無事にSummer Schoolの全ての授業を終了しました。

昨日既にFinal Examを終了していたOralとGrammerの授業はのんびりムード。
特にGrammerクラスでは先生が妊娠を発表して拍手喝采。
その後はReading/Writingクラスで行われるエッセイテストに向けての自習となりましたが、先生自らお菓子を持ち込んでお別れパーティーみたいになりました。
みんなで写真をとったり、おしゃべりしながら別れを惜しみました。

そのときに撮った写真をいくつか公開。
(一応匿名ブログなんで、僕のことを知っている人も「こいつだ!」とか特定するようなコメントは残さないでくださいね。と言っても写真に写っている共通人物が分かれば特定されてるんですが(笑))

韓国・サウジ・日本合同写真

Summershool1


チーム日本

Summershool2


Readingの先生と。

Summershool3


ちょっと順番は違いますが、最後に2時間のエッセイテストを受けて全ての課程を終えました。

最後には修了証を頂いて無事Summer School卒業です。
2ヶ月前に1人でユージーンに不安を抱えて降り立ったのが昨日のことのようですが、あれから2ヶ月も経ったんですね。。。

この2ヶ月でNativeと対等に議論できるほど劇的に英語力が向上したとは思えません。
また、仕事の都合で2週遅れで参加しなければならず、かつ決して安くはない費用なんで当初は参加しようか迷いましたが、結果的には正解でした。

その要因としては
①さすがに2ヶ月間、ほとんど英語漬けだったのでヒアリングとスピーキングに慣れたこと(まだまだですけど)

②TOEFLで習ったこと以上のAcademic Writingの形式(引用の仕方とか)の習得

③Nativeが良く使う表現を含めて、文法の基礎のおさらい

その他英語力以外の要因として

④授業が始まるまでにMBAの同級生を含め、交友関係が広がったこと

⑤新居の契約・各種買物場所の把握などアメリカの生活に慣れたこと

⑥日本の夏を逃れて西海岸の夏を満喫(日本にいる人たちを逆なでするようですみません)

個人的には英語力以外の要因だけでも来た甲斐がありました。
日本にいる皆様、またSummer Schoolでお世話になった先生方、友人にこの場を借りてお礼を申し上げます。
非常に有益な2ヶ月間でした。ありがとうございました。

さて、1段落着いたところで本格的にMBAに向けての準備開始です。
まずは新居のアパートへの引越しが待っています。
約2週間後には秋学期のオリエンテーションが始まりますので、しっかり準備をしておきます。


スポンサーサイト

Summer school カウントダウン残り1日

2007年08月30日 16:30

ユージーンは最近日差しがすごく強いです。
湿気は相変わらずないので不快ではないのですが、1分も外で立っているとジリジリと皮膚が焼けている感覚が伝わってきます。

Tシャツの袖をまくると白と黒のコントラストがくっきり。日本では日焼けとは無縁だったので、たまにはいいかなと思ったり。

Summer Schoolの方は今日、OralとGrammerのクラスでFinal Examが無事終了。結果は、、、おそらく問題ないと思われます、はい。

これで残すは明日のReading/WritingクラスでのFinal Examのみです。
最初にユージーンに降り立ったのが約2ヶ月前とは信じられないくらい、あっという間に終わってしまいます。

クラスメートは大学の交換留学で来ている人が多いので、大半は今週が終わればユージーンを離れるそうです。
アメリカは9月からが新学期のシーズンなので、今が別れと出会いの季節とも言えます。
なぜか学生時代の卒業間際の感傷を思い出します。年とった証拠だな

そんな周りがFinal Examだ、帰国準備だと忙しい中MBA進学予定のクラスメート3人は来たるMBAへ向けての決起集会?というわけで食事会をすることに。

メンバーは以前も登場した韓国人(男)、タイ人(注:タイで生まれ育ったけど国籍上は中国人なんですが)、僕の3人。

場所はキャンパス近くの韓国料理屋。韓国人の友達には悪いとは思ったけど、日本にいる時から韓国料理が大好きだった僕のゴリ押しで決定。

プルコギ、チヂミ、ビビンバ、キムチチゲとお馴染みの料理を久しぶりに味わえて大満足です。(韓国人にとってもまずまず美味しかったみたいです)

食事をしながら話したことといえば、MBA受験時代の苦労話(やっぱりGMATは訳がわからないテストだっということで一致)、お互いの国の食文化の違い、アメリカとの文化の違いなどについていろいろと。

どれも非常に興味深い話でおもしろかったんですが、ふと全然違う国出身の3人が英語という言語を解してコミュニケーションがとれていることに気付きました。
もちろん当たり前のことなんですが、3人とも母国語ではないのに関わらず意思疎通を可能にする英語ってすごいなと。
まだ完全に言いたいことを伝えることができるわけではないですが、不器用ながらもコミュニケーションをとって、自分の知らなかった世界を知ることを改めて体験すると結構感動です。

別れもありますが、これからの2年間多くの出会いもあります。それもこれまで以上に多くの国の人たちと。
こんな感動を少しでも味わえるように、もっと英語勉強しなきゃなと実感しています。

ちなみに今回のお会計は韓国人の友達が唯一の会社派遣ということもあり奢ってくれる事に。
カムサハムニダ very much です!

毎回ご馳走になるわけにはいかないので、次の食事会はタイ人の友達がタイ料理をご馳走し、その次は僕がご馳走という約束をし、定期的に集まろうという話になりました。

みんな良い人ばっかりなんで次回も楽しみです。
ただ僕、パクチーが大の苦手なんですが・・・。


べらんめぇ、こちらときっすぃの江戸っ子よぉ

2007年08月21日 15:24

タイトルに大きな意味はありません。あしからず。

Oralのクラスで最近習っているのは、英語の音のReduced form。
何のことかは説明するために簡単な例を。

When did you get back?

When do you usually eat lunch?

それぞれ下線部はネイティブの人たちはどのように発音するでしょう?

When, did, you をそれぞれ区別して発音せず、音をつなげて発音するのが普通です。なのでその音に慣れましょうというのが授業の目的。

教わった限りで①②の音を強引にカタカナで表現すると以下のようになるとのこと

①When did you = 「ウェンジャァ

②When do you = 「ウェンドゥャァ

すみません、アメリカ生活1ヶ月経過後の僕の耳にはこう聞こえました。

ちなみに先生が発音記号で説明してくれたのですが、

①did you = dja

②do you = dya

先生は「違いは明らかでしょ?」とあっさり言ってくれましたが、クラスにいた生徒みんな「分かるか!」とツッこんでました。

「ジャァ」と「ドゥャァ」と言葉に書けば分かりますが、普通にしゃべられるとウルトラマンとウルトラマンセブンの「ジュワ!」の違いを聞き取るぐらい難しいです。

会話になれば、これぐらい音を省略してしゃべる人もいるよということらしいです。
それにしても「ジャ」と「ドゥ」の違いが現在と過去の区別しますか、あなたたちは?

ふと考えてみると、日本語でも音の省略することもあるなぁと思って浮かんだ例がタイトル。
果たしてこれは音のつながりなのか、単なる訛りなのかまで授業中に悩んでしまったのはやりすぎです。>反省

タイトルが音の省略として正しいのか分かりませんが、確かに部活で「ありがとうございましたー」を「あっしたー」なんていうのは典型的な例ですね(体育会系の人分かりますよね)

授業中習ったもう一つの例。

③It could have ~ = 「イックドゥア

have はもはや「ア」しか残ってません。というか残す所そこなの?

帰ってルームメイトに確認すると、そこまで極端じゃないけど有り得るよね、とのこと。
(haveは「ア」ではなく、「ヴ」の方を発音するとのこと。それでもhaveがある場合とない場合の区別は難しいですが)

確かに上記の例をそれぞれ区別して発音するのは、ネイティブにとってかえって難しいんでしょうね。
気持ちは分かりますが、それにしてもっていう感はぬぐえません。。。

そんなこんなで、もし翻訳こんにゃくを本当に発明した人は、間違いなくノーベル平和賞取れるだろうなと思った今日この頃です。

すみません、変な纏めで。

初プレゼン

2007年08月16日 16:15

本日とうとうOralのクラスにてプレゼンの順番が回ってきました。

テーマは「安楽死(Euthanasia & Physician Assisted Suicide」
持ち時間は4分間で、パワーポイントを使用して資料の準備も必要とのこと。

パワーポイントの資料作りも、プレゼンも前の仕事で慣れているはず。むしろ仕事だともっとプレッシャーのかかる場面でのプレゼンをしたこともあるので問題ないはず。。。日本語でやれるなら。

というわけで、仕事のとき以上に綿密な準備スタートです。

まずはパワーポイントで資料を作成。若干英語の表現をプレゼン資料としてどうまとめるか悩んだものの、ここまではまずまず。

あとは「しゃべり」です。パワーポイントに書いてあることをそのまま読むわけにもいかないので、ドラマの台本張りにしゃべる内容を書き出します。

日本語でやる時はさすがにここまでしませんが、気の効いたアドリブがとっさに浮かぶこともあまり期待できないので。
昔の上司からの「プレゼンorミーティングでは一回は笑いをとること」というありがたい助言も、各国の笑いのつぼが分からないのでとりあえず無視。
(ごめんなさい、U部長。ちなみにこの人、ミーティングで本気で笑いを取りにいったにも関わらず、笑ってくれないとそれ以降テンション下がりっぱなし。僕はその様子に笑いをこらえるのに必死。

一通り台詞を考えたら、後は練習あるのみ。ルームメイトがいる部屋でやるのは恥ずかしいので、人通りの少なくなった夜の寮の外で練習。
安全面でどうかとも思いましたが、プレゼンのことを考えると気にしてられない。
ここらへんは「Going my way」のB型の本領を発揮です。
(Campus内はかなり安全です、念のため)

とりあえず台本を読みながら模擬プレゼン。時間を計ってみると、、、


8分オーバー。
倍かかっとるやないか。

そこで余計なパートを削ったり、表現をかえたりしながら試行錯誤の繰り返し。
そもそもテーマがテーマなんで医療系の難しい単語も使っているので、滑らかにしゃべれないことが問題。そこらへんはしゃべる回数を重ねるしかないので、ひたすら一人で暗闇に向かってぶつぶつ。

僕が周りの治安を不安視するより、周りから見れば深夜にアジア人が一人で身振り手振り交えながらぶつぶつ言っていることの方がよっぽど危ないと思ったことでしょう。
しかも良く聞けば「suicide(自殺)」なんて言葉を連発してる。
隣に適度な高さの木もあることだし、これでロープでも持っていれば「留学生活に苦悩する日本人学生(ただし三十路過ぎ)」の構図完成です。

ただその時点ではそんなこと思っている暇もなくぶつぶつの繰り返し。

なんとか4分30秒まで短縮させたところで終了。
まだ30秒オーバーしてますが、「なんとかなるだろう」と勝手に割り切ってしまう思い切りのよさも典型的なB型人間(←ホント?)

そんなこんなで、いざ本番。
思いのほかしゃべれたので、なんとか4分以内に無事終了。
達成感というより脱力感の方が強かったです。

しゃべりの内容というより、パワーポイントでアニメーションとかを駆使して見た目でごまかしたということも言えなくもないですが。
(まずは見た目から入るのもB型の特性?)

それにしてもただ英語で「しゃべる」だけでも驚くほど体力を使います。克服するには場数をこなすしかないんでしょうね。

ただ4分のプレゼンで、今回の様に準備に時間を使っていると秋から時間がいくらあっても足りないので、不安になります。。。

それが分かっただけでもいい経験だっということで纏めておきます。

いじられキャラ?

2007年08月09日 14:45

とあるReading/Writingクラスでの一コマ。

この日はPCルームで授業中にエッセイを各自仕上げることになっていたのですが、たまたま9月からMBAに進学する3人が近くに座ってました。

3人とも早めに終わったので、しばし談笑タイム。
(以下かなり意訳入ります)

※登場人物
韓国人クラスメート(男・6月に結婚したばかり)
タイ人クラスメート(女・独身)
僕(男・独身)

============================
タイ 「Summer School終わってMBAのオリエンテーションが始まるまでの間ハワイかラスベガスに旅行に行こうと思っているんだけど、どっちが近いの?」
(注:Summer schoolが終わってから2週間ぐらい休みがあります)

韓国 「ラスベガスに決まっているじゃん。」

タイ 「ラスベガスってどこにあるの?」

僕 「カルフォルニアの右横あたり、ネバダ州ってところ」

タイ 「ハワイってどこにあるの?」

僕・韓国 「・・・」

(手書きで描いた地図の太平洋ど真ん中を指して)
韓国 「日本・韓国とアメリカの間ぐらい。太平洋の真ん中だよ」

タイ 「そうなんだ、日本ってここらへんじゃなかったっけ?」
(ニューヨークの右上あたり、イギリスがある辺りを指す)

僕 「・・・冗談で言っているよね?」

タイ 「(あっさり流して)あなたたちはどうするの?」

韓国 「お姉さんがサンディエゴに住んでるから、車で行こうと思っている。車で行くには遠すぎるかな?」

僕 「いいねー、絶対車で行くべきだよ。たぶん2日はかかると思うけど」

韓国 「やっぱそれぐらいかかるかぁ~、サンフランシスコとかロスとか寄りながら行って来るよ。お前はどうするの?」

僕 「特別な計画はないけど・・・引越しもあるし遠出はできないかな。」

韓国 「寂しいね・・・。彼女いないの?」

僕 「その質問はしないでくれ(泣)」

韓国 「(気まずいと思ったのか、話題を変えて)ハワイは新婚旅行までとっといた方がいいよ。ついこの間、新婚旅行で行ったからお勧め紹介できるよ。」

タイ 「本当?じゃあ結婚が決まったら連絡するね。私たちの旅行代理店に決定!」

僕 「新婚旅行のときは相談するから、その前に誰かいい娘紹介してくれない?」

============================

いつの間にか僕、イジられキャラになってます?

今日の発見:住む国・話す言葉が変わってもキャラは変えられないらしい。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。