スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chicago Bulls Game @United Center

2009年12月08日 23:36

シカゴ旅行の個人的な目玉イベント。

シカゴ・ブルズの試合をUnited Center(ブルズの本拠地)で観戦。

このブログを読んでくださっている方はご存じの通り、私は熱狂的なブレイザーズ・ファン。

でもやっぱりブルズは特別です。なんといってもマイケル・ジョーダンが所属し6度の優勝を達成したチーム。
やっぱりマイケル・ジョーダンは僕にとって「神様」であり、あこがれの存在。

過去のエントリーにある通り、ブレイザーズファンになったきっかけも元々はマイケル・ジョーダンのファンだったから。そのジョーダンが全盛期を過ごし、ピッペンやロッドマンと躍動したブルズは日本のバスケ好きの方なら一度は憧れたチームじゃないでしょうか。

そんなブルズの試合をシカゴで観れるということで、この旅行が決まった瞬間から興奮しっぱなしでした。

というわけでいざブルズの本拠地・United Centerへ!!



まずはUnited Center前にあるマイケル・ジョーダンの銅像前で。

Bulls1
United Centerが僕にとっての聖地なら、この銅像はキリスト像のようなもの。

中に入って、Bullsのマスコットキャラと一枚。
Bulls2
というのは嘘で、アリーナ内を歩いていたらマスコットキャラのコスプレをしている子供がいたので、記念にその子のお父さんに頼んで写真を撮ってもらいました。

するとブルズのチアリーダーが即席サイン会を行っています。
Bulls3
ブレイザーズの試合ではこんなサービスに出くわしたことなかったので、長蛇の列に並んで、5人ぐらいのチアリーダーからサインをゲット。

ついでに
Bulls4
一緒に写真もお願いしちゃいました。

当たり前ですが、チアリーダーの女性ってみんなスタイルすごすぎ。ちなみにサイン会には参加されていませんでしたが、ブルズのチアリーダーには日本人も一人います。

というわけで、いつもブレイザーズの試合を観に行く時とは全く違う、子供のようなはしゃぎっぷり。
でもそんなことは気にしない。

そんな感じではしゃいでいたら、いつの間にか試合開始15分前になったので急いで観客席に向かいます。

Bulls5

感動・・・。その一言です。

正直言うと、アリーナの大きさ、綺麗さはブレイザーズのローズガーデンのほうが上です。
でもそんなことを補って余りある聖地であるが故の威厳を感じます。勝手に自分で聖地化して、勝手に威厳を感じているわけですが、それでもここがあのブルズのホームコートだと思うとやっぱり特別な感情が湧いてきます。

そして選手紹介シーン。
Bulls6

Bullsの選手紹介の時に流れるマイケル・ジョーダンがプレイしていた時から変わらない「あの音楽」(僕と同じ世代のNBAファンならこれだけで分かるはず。曲の名前なんて言うんだろう)が流れたときには、また感動・・・。

生で体験すると鳥肌と震えが止まりません。涙はぐっとこらえられましたが。


そして試合。

実は第1Qからブルズが引き離されて、最終的に30点差で負けました。
普通に考えたら凡戦で、友達も「せっかく来てくれたのに申し訳ないね・・・。」と言ってくれましたが、そんなことは関係ありません。

僕にとってはシカゴでブルズの試合を見ることが重要なのですから。

この夢を達成できた感動はどんな試合を見せられても薄れることはないです。

というわけで、僕の聖地巡礼の旅は無事完結したのでした。
スポンサーサイト

シカゴ

2009年12月08日 01:24

シカゴから戻ってまいりました。いやー、楽しかったー。久しぶりに旅行らしい旅行を堪能できました。

大学時代の友達のせっかくの週末なのに、ガイドしてもらってシカゴを満喫してきました。

シカゴ、全米でも有数の大都会で建築の町としても有名なので、巨大摩天楼ビルディングがダウンタウンにひしめいていましたが、一方で湖もあり、公園も充実していて、都会と自然の調和がとれた過ごしやすそうな町でした。


五大湖のひとつ、ミシガン湖から臨むシカゴのダウンタウン。
Chicago1


シカゴを舞台とした映画やドラマでお馴染みの通称トウモロコシビル。実際はマンション。
Chicago2

100階建の超高層ビル、ジョン・ハンコック・センター
Chicago3

ジョン・ハンコック・センターの展望階からの夜景。
低性能デジカメで撮ったので写りが悪いですが、実物はこれより100倍綺麗です。

Chicago4

Chicago5

Chicago6

Chicago7

シカゴはご飯もうまかった。

シカゴ名物のステーキ。
霜降りじゃなく赤身の肉なんですが、そのぶん味はあっさりしていて、巨大だったにも関わらずペロリと平らげました。(同期なのにとっても高級店に連れて行ってもらっておごってもらいました。本当にありがとう)。写真がとれなくて残念。

ディッシュ・ピザ
普通のピザと違って、記事が小さな鍋のように真ん中がくぼんでいて、そのくぼみに肉とか具がいっぱい詰まったピザ。これも美味。

シカゴ・ホットドッグ
こんな感じ。
Chicago8
とにかく具だくさん。

他にも日本人メジャーリーガーがシカゴに来た際は必ず立ち寄るという焼肉屋さんの石焼ビビンバと牡蠣入り卵焼き(←めちゃめちゃ美味しい!!)

ダイエット計画が・・・。


短い時間だったけど、本当に楽しかったです。また来たいなー、シカゴ。
セールス・タックス(消費税)が10%というのがちょっとキツいけど。同じものを買うにもオレゴンより自動的に1割増し。

それにしてもガイドしてもらった友達は日本の超一流企業に勤める文字通り世界を股にかけるビジネスマンなんですが、そんな一流エリート社員の海外駐在生活はそりゃ豪華豪華。
彼も言ってましたが、こんな生活してたら日本で暮らしていけないよね。本当に同じ年なのにここまで生活格差があると本当に友達って呼んでいいの?って思わされましたよ。奥さんと子供2人ものびのびと幸せな生活しているし、ドラマに出てくる絵にかいたような幸せな家庭でした。まぁ僕にはこれからどんなに努力してもかないそうにない夢のような生活ですが。

でも彼も本当に仕事大変そうですけどね。僕がシカゴに行く一日前にデンマークから帰ってきて、月曜日に僕と一緒に空港まで行って韓国に飛びだって行きましたから。
いずれにしても、宿と食事も提供してもらった彼に感謝感謝です。


もちろんブルズ戦も観ましたが、またそれは別のエントリーで。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。